籠に収まる赤ちゃん

卵子提供を検討した時はエージェンシーに相談して不安を解消!

海外で卵子提供を受けることのメリット

医師に相談する

日本でも卵子提供のドナーが増え、頻繁に治療が行われるようになりましたが、卵子提供の先進国と比較すれば遅れを取っていることも事実です。そこで卵子提供を手掛けるエージェンシーでは、海外のドナーと結び付けることによる出産の支援を行っています。卵子提供でよく利用される台湾は、言わずと知れた親日国であり、日本からわずか3時間程度の飛行機異動で到着できるという地理的なメリットも得られるため特に人気を高めています。時差も1時間ですから、移動を重ねたとしても時差ボケなどに苦しむ心配もありません。
台湾は物価が非常に安く、卵子提供の謝礼にかかる金額や医療費、そして滞在費を安く抑えられるため、アメリカなどで卵子提供を受けるよりも大幅に安く妊娠・出産を経験することができます。一方で医療技術は信頼に値する高いレベルを誇っており、先進的な機器を擁する医療機関も台北市を中心に多く存在します。台湾に代表されるアジア諸国にはアジア諸国の良さが、費用面で引き合いに出してしまったアメリカにはアメリカの良さがそれぞれありますから、エージェンシーで各国の特色を詳しく知り、どの国を選んで卵子提供を受けるか検討を進めていきましょう。

Post List