籠に収まる赤ちゃん

卵子提供を検討した時はエージェンシーに相談して不安を解消!

卵子提供の利用をサポートするエージェンシーのサービス

卵子に問題を抱える中でも妊娠出産が可能になる、卵子提供という方法は不妊治療において、新たな可能性をもたらす存在です。しかしながら日本ではいまだその制度が整っていないため、卵子の提供を受けるのも、体外受精の後に子宮に受精卵を移植するのも、実行するなら渡航をして海外の病院で行う必要があります。海外の病院を探して、卵子提供者も探して、治療を受けるにあたって手続きや申請を完了させて、子供のパスポートを作ってというのはとても大変な行為です。それでも子供を授かるためには頑張りたい、という方も多いでしょうが、そうした苦労を全て背負わずとも、専門のエージェンシーを利用していくつかの処理を代行してもらうという方法もあります。エージェンシーとのやり取りは、回数を重ねて慎重に行われます。申し込んだら勝手に手続きを進められてしまう、ということはありませんし、カウンセリングやヒアリングの時間も十分にとられているので、よく検討した上で最終的な判断を行えば大丈夫です。卵子提供の相手も、色々な条件の中から探すことができます。身近な人にドナーを頼まないという決断をした時には、エージェンシーが管理しているドナー情報の中から提供者を選択することになるので、夫婦でよく話し合いをして希望を明確にしておきましょう。

外国での施術も頼もしくサポート!卵子提供エージェンシー

大切な人との愛の結晶である子どもが欲しい!そう心から願っていても、何らかの体調不全や体質などの要因により、わが子を授かることがとても難しい…というケースは珍しくはありません。自然妊娠や出産が困難である場合、第三者の女性から健康的な卵子を提供してもらったり、代理母に受精卵を移植してもらうなどの人工的な出産をすることが可能ですが、日本においては制限があるため、国外での施術を受けることになります。

個人単位で行うとなると、複雑になってしまう卵子提供の道ですが、これを専門に行っているエージェンシーの力を借りれば、自分のケースに最適な形での卵子提供メディカル・サービスを、スムーズに受けることができます。第三者の健康的な日本人女性からの卵子提供を受け、経験豊富な国外クリニックとの橋渡しをしっかりと行ってくれます。

ごく短期の滞在とは言え、外国での医療施術などは誰しもが不安に思うものですが、できるだけご夫婦の心身の負担を減らすことができるよう、きめ細やかなサポート体制で支えてくれます。赤ちゃんに会いに行く!という決心を頼もしく支えてくれる専門エージェンシーに相談をして、ぜひ卵子提供などの不妊治療・代替案に挑んでいきましょう。

不妊治療の1つの選択肢である卵子提供

私たちが暮らす日本は、代理出産や卵子提供をはじめとした不妊治療にまだまだ積極的ではないと思われています。
これは、文化・経済の発展が同じくらいの地域に比べ、代理出産や卵子提供など不妊治療の選択肢が多くないことが1つの理由です。
不妊の原因には、男性不妊、女性不妊、原因不明の不妊の3種類があり、日本国内の不妊治療は女性不妊を対象にしています。
女性不妊の方法は基礎体温や排卵日のスケジュールを予想するタイミング法。
ホルモン剤を使って排卵をコントロールする薬物療法、人工授精と体外受精と不妊治療が発達している地域に比べ選択肢が多いとはいえません。
海外の先進国では、ここに卵子提供、代理出産が加わります。
代理出産が一時的に取り上げられたことで知られていますが、卵子提供はあまり知られていません。
卵子提供とは、子どもを授かりたい女性が他の方から卵子を提供してもらい、パートナーの男性の精子と体外受精をした受精卵をご自身の体で育てる方法です。
卵子提供が行われている地域では、パートナーの男性の精子で体外受精を行うとされていますが、パートナーがいない女性や、肉体的に女性同士のカップルの場合には、精子提供で受け取った精子を体外受精する方法もあるのかと思います。

Post List